BookLooper 電子図書館

特徴

BookLooper 電子図書館とは

BookLooper 電子図書館は、電子教科書などの教育利用に実績のある電子書籍ソリューションBookLooperを活用し、従来の図書館システムと連携して、シームレスな利用環境を提供するサービスです。 利用者が紙の本や電子書籍を意識することなく、誰でも電子書籍を利用できる図書館を実現します。 すでに300機関以上で導入実績のある、丸善雄松堂の電子書籍閲覧サービス「Maruzen eBook Library」に搭載された約16,000タイトルを準備しています。

*タイトル数:2014年10月現在

BookLooper 電子図書館サービスイメージ

大学図書館向け

書籍・資料の電子化で、利用者の学びを支援。大学図書館は、次世代の「知の宝庫」へ

大学図書館向けサービスイメージ

学生サービスの向上

インターネット経由でサービスを提供できるため、忙しい学生の時間・場所を拘束することなく、本の貸出が行えます。

読書活動支援

これまでの紙の資料ではできなかった書籍への書き込み(アノテーション)で深い読書活動を支援します。

省スペース化

紙の書籍に比べて図書コーナーのスペースを取りやすくなるため、来館者にゆとりある空間を提供できます。

所蔵資料の保護

貴重資料の劣化防止や、貸出頻度の高い書籍を保護します。

貸出までのイメージ

電子図書館貸出イメージ


学術・研究機関(図書館)向け電子書籍サービス「新刊ハイブリッドモデル」

出版社6社が最新刊の学術書を、冊子体と電子書籍をセットにしたハイブリッドモデルで販売するもので、学術・研究機関を対象にしたサービスとしては国内初となります。これまでに多く寄せられていた「学術書の新刊を電子書籍で提供してほしい」という学術・研究機関からのご要望にお応えするとともに、新しい学修環境の確立に向けて、継続的に新刊電子書籍を提供し、コンテンツの拡充を図ります。

コンテンツの配信は、慶應義塾大学を幹事校とした8大学図書館の参加による「大学図書館電子学術書共同利用実験」を経て作り上げられた京セラ丸善の電子図書館プラットフォームBookLooperと、すでに約300機関で導入実績のある丸善雄松堂の電子書籍閲覧サービス「Maruzen eBook Library」を通じて行います。利用者は活用方法に合わせてプラットフォームを選択できます。


機能一覧

電子図書館ならではの学修支援

マーカーやメモなどの挿入

挿入したマーカーやメモを『図書館』所蔵の資料へ残すことができます。

書籍の貸出、返却は端末1台で

インターネット環境があれば、場所を選ばずに貸出返却が行えます。

教育機関の認証基盤と連携

学術認証フェデレーション(学認)に対応しており、統合認証が可能です。

利用状況のログ分析レポートを提供

分析結果をもとに、学生一人ひとりのフォローや授業改善が可能です。

  • 個人に紐づいた詳細なログを取得する際は、学生の許諾が必要です。

マルチデバイス対応

PC・iPad・iPhone・Android端末に対応。個人所有のデバイスでの利用も可能で、時・場所を選ばない閲覧環境を提供します。

ダウンロード方式

ダウンロード方式のため、オフライン中でも利用可能です。

オーサリング機能

PDFやMicrosoft Word、Microsoft Excelなどのさまざまなファイルを登録し、簡単に電子書籍コンテンツとして配信することができます。

bl_marker bl_memo

クライアント動作環境

デバイス 対応OS 対応ブラウザ
PC(*1) Windows® 7/8.1 Internet Explorer® 8/9/10/11
Google Chrome
Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.10 Safari 6
Google Chrome
タブレット iOS 7.1/8.1
Android 4.1以上
Windows® 8.1
-  (*2)
スマートフォン iOS 7.1/8.1
Android 4.1以上
-  (*2)

*1 PC(ブラウザ版)はFlash Player 11以上のインストールが必要となります。
*2 タブレット/スマートフォンは、App Store・Google Play・Windowsストアからダウンロードします。

  • 製品の仕様は予告なく変更させていただく場合があります
  • 製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です
  • タブレットおよびスマートフォンはWi-Fi環境での利用を推奨しています

導入事例

新潟工科大学様

学生に電子図書館・電子教材を活用した新たな学修環境を提供

新潟工科大学様

  新潟工科大学様は、平成27年4月から、ICT教育環境の充実を目的として、新入生全員に無償でタブレット端末を配付しています。この取り組みの一環として、京セラ丸善の電子書籍ソリューション「BookLooper」を採用し、全学生向けに電子図書館サービスを、また新入生を対象として講義資料・教科書の配信を開始しています。
  授業で利用する講義資料は、事前にアップロードされているため、学生は時間・場所を問わず資料をダウンロードし、予習や時間外での学修に活用しています。また、電子図書館で借りた本と講義資料を同じ本棚で管理することができるため、横断検索機能を活用して複数の資料や図書から必要な情報を入手するなど、電子書籍の特徴を生かした学修環境が整いました。講義を重ねることで増加する資料をタブレット端末で管理できるため、学生の物理的な負担軽減にも貢献しています。
  京セラ丸善では最良の学修環境提供を目指した取り組みを、今後とも支援してまいります。

新潟工科大学様

県内産業界が中心となり、「ものづくり人材の育成」を建学の精神に掲げ、平成7年に設立されました。230社を超える企業との産学連携などにより、地域と密着したきめ細かな教育プログラムを提供しています。

導入実績

  • 五十音順