電子書籍ソリューション BookLooper

特徴

BookLooperとは

電子書籍を提供するクラウドサービスです。2010年より慶應義塾大学図書館と共同で始めた『大学図書館電子学術書共同利用実験』の中で利用者の声をもとに開発されました。全文検索機能、メモやマーカーといった学修機能を持ち、電子書籍コンテンツをダウンロードしてオフラインで活用できます。

大学図書館電子学術書共同利用実験

2010年12月~2013年3月までの期間で、慶應義塾大学を幹事校に福井大学、東京大学、大阪大学、名古屋大学、神戸大学、奈良先端科学技術大学院大学、立命館大学の計8校の図書館が参加した、国内の出版社発行学術書の電子書籍利用実験です。
利用者・図書館・出版社・システム会社が集まり、あらゆる視点から取り組みました。
学術書をどのように電子書籍として利用していくか、図書館での利用や授業への展開などをテーマでに実験を実施しました。

機能一覧

BookLooperならではの学修支援

マーカーやメモなどの挿入

挿入したマーカーやメモを『図書館』所蔵の資料へ残すことができます。

書籍の貸出、返却は端末1台で

インターネット環境があれば、場所を選ばずに貸出返却が行えます。

教育機関の認証基盤と連携

学術認証フェデレーション(学認)に対応しており、統合認証が可能です。

利用状況のログ分析レポートを提供

分析結果をもとに、学生一人ひとりのフォローや授業改善が可能です。

  • 個人に紐づいた詳細なログを取得する際は、学生の許諾が必要です。

マルチデバイス対応

PC・iPad・iPhone・Android端末に対応。個人所有のデバイスでの利用も可能で、時・場所を選ばない閲覧環境を提供します。

ダウンロード方式

ダウンロード方式のため、オフライン中でも利用可能です。

オーサリング機能

PDFやMicrosoft Word、Microsoft Excelなどのさまざまなファイルを登録し、簡単に電子書籍コンテンツとして配信することができます。

bl_marker bl_memo

クライアント動作環境

デバイス 対応OS 対応ブラウザ
PC(*1) Windows® 7/8.1 Internet Explorer® 8/9/10/11
Google Chrome
Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.10 Safari 6
Google Chrome
タブレット iOS 7.1/8.1
Android 4.1以上
Windows® 8.1
-  (*2)
スマートフォン iOS 7.1/8.1
Android 4.1以上
-  (*2)

*1 PC(ブラウザ版)はFlash Player 11以上のインストールが必要となります。
*2 タブレット/スマートフォンは、App Store・Google Play・Windowsストアからダウンロードします。

  • 製品の仕様は予告なく変更させていただく場合があります
  • 製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です
  • タブレットおよびスマートフォンはWi-Fi環境での利用を推奨しています

ソリューションラインナップ