↩戻る

 玉川大学が新図書館「大学教育棟 2014」での電子図書館サービス導入を決定 ~『学修の場としての図書館』の実現に向けて、多読支援での電子書籍活用を開始~ 

2014年10月15日
玉川大学
丸善株式会社
京セラ丸善システムインテグレーション株式会社

  玉川大学(所在地:東京都町田市 学長 小原 芳明)・丸善株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 松尾 英介、以下丸善)・京セラ丸善システムインテグレーション株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 辻上 友祥、以下KMSI)は、玉川大学が2015年4月1日の新図書館「大学教育棟 2014」の開館に合わせて、配信プラットフォーム「BookLooper」での電子図書館サービスを導入することを発表します。

  玉川大学は、『全人教育』の教育理念のもと先駆的な教育の実践をして参りました。「教育の質保証」をどのように深化させていくかをテーマに、現在「Tamagawa Vision 2020」を構築し、教育活動のさらなる発展に取り組んでいます。2015年4月1日に開設される新図書館「大学教育棟2014」は、学びのサイクルのコンセプト作りから丸善も参画し、玉川大学の学修システムの象徴として構想されています。その中でも新図書館「大学教育棟 2014」は、学修生活の基盤として整備を進めています。

  今回、玉川大学では新図書館「大学教育棟 2014」の開館に合わせ、KMSIの配信プラットフォーム「BookLooper」を導入し、電子書籍を活用した学修サポートを行います。電子書籍を活用した学修支援環境の構築は、大学図書館の新しい役割を模索する先駆的な取り組みとなります。

  「BookLooper」は、大学図書館で従来からあるWebアクセス型の電子書籍と異なり、電子書籍コンテンツをダウンロードしてオフラインでも活用できるほか、メモやマーカーといった学習機能を持ったマルチデバイス対応の電子図書館サービスです。本サービスの導入により、紙媒体の書籍ではできなかった、図書館の共有資料への書き込みや全文検索、読書行動のログ分析まで視野にいれた積極的な学修支援を実現していく構想で、2015年の開館時には英語学習の多読支援として「Graded readers」(*1)を電子書籍でも提供していく予定です。

   より具体的な構想については、2014年11月5日~7日に開催される16回図書館総合展(パシフィコ横浜)において発表する予定となっています。


『大学教育棟2014』コンセプトイメージ図

『大学教育棟2014』コンセプトイメージ図

新図書館「大学教育棟 2014」における電子図書館サービスの特長

  • 複数大学で電子学術書籍の配信に採用されている「BookLooper」を使用
    メモ・マーカー・全文検索などの学習支援機能を持ち、再貸出時に継続してIDと紐づくメモ・マーカーの履歴が利用可能
  • マルチデバイス・BYOD対応
    PC・iPad・iPhone・Android端末に対応。個人所有のデバイスでの利用も可能で、時・場所を選ばない閲覧環境を提供
  • ダウンロード型配信
    オフライン時でも電子書籍を閲覧可能なダウンロード方式で、場所や時間を問わず学修できる環境を提供


クライアント動作環境

デバイス
対応OS
対応ブラウザ
PC (*2) Windows® 7/8 Internet Explorer® 8/9/10/11
Google Chrome 24 以上
Mac OS X 10.6/10.7/10.8/10.9 Safari 5/6
Google Chrome 24 以上
タブレット iOS 5.1/6.1/7.1
Android 3.0/4.0以上
OS標準ブラウザ
スマートフォン iOS 5.1/6.1/7.1
Android 2.3/4.0以上
OS標準ブラウザ

玉川大学について

  玉川学園は、1929年(昭和4年)に創立者小原國芳により「全人教育」を第一の教育信条に掲げて開校されました。生徒数全111名、教職員18名によってスタートした学校は、現在K-12(Kindergarten to 12th)、大学(文学部・農学部・工学部・経営学部・教育学部・芸術学部・リベラルアーツ学部・観光学部)・大学院まで約1万人が約61万㎡の広大なキャンパスに集う総合学園に発展し、幅広い教育活動を展開しています。


丸善株式会社について

  1869年(明治2年)創業。日本初の株式会社組織として横浜に誕生。近代日本における西洋の文化・学術紹介に貢献し、その紹介する商品によって培われた気風は「丸善文化」と呼ばれ、多くの文化人に愛されました。創業から140年余りの長きにわたり、研究・教育機関へ学術資料を提供し続けており、学術資料の形態が冊子から電子へと移行する中、2012年からは学術機関向けの国内専門書に特化した電子書籍閲覧サービス「Maruzen eBook Library」を開始し、現在300機関以上での導入実績があります。


京セラ丸善システムインテグレーション株式会社について

  2004年4月に丸善株式会社から分社独立後、同年10月に京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)が資本参加したソリューションインテグレータです。
  学術機関・医療機関向けの特長あるICTソリューションや、「BookLooper」を生かした学校向け電子教科書配信サービス、企業向け電子雑誌配信サービス「qlip it!(クリップ イット)」を提供しています。


*1  使用する主要な英単語を制限し全体の文章量や文法事項を調整することで、英語学習者が辞書無しでも読書を楽しめるように工夫された多読用の英語教材のこと。
*2  PCはFlash Player 11以上のインストールが必要となります。
* 製品の仕様は予告なく変更させていただく場合があります。
* 製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。
* タブレットおよびスマートフォンはWi-Fi環境での利用を推奨しています。


お問い合わせ先

サービスに関するお問い合わせ

・玉川大学 図書館収集課
担当者:武林
TEL:042-739-8629 /FAX:042-739-8647

・丸善株式会社
学術情報ソリューション事業部 企画開発センター
担当者:大熊
TEL:03-6367-6008 /FAX:03-6367-6184

・京セラ丸善システムインテグレーション株式会社
文教ソリューション本部 本社文教営業部
担当者:仲田
TEL:03-6414-2864 /FAX:03-6414-2891
サービス詳細ページ:
http://www.kmsi.co.jp/solution/education/booklooper/library/


報道機関からのお問い合わせ

・学校法人 玉川学園
キャンパス インフォメーション センター
TEL:042-739-8710 /FAX:042-739-8723 /E-mail:pr@tamagawa.ac.jp
〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1

・丸善株式会社
経営管理部 担当者:川澄
TEL:03-6367-6006 /URL:http://www.maruzen.co.jp/top/
〒105-0022 東京都港区海岸1丁目9番18号 国際浜松町ビル

・京セラ丸善システムインテグレーション株式会社
経営企画本部 広報グループ 担当者:山口
TEL:03-6414-2874 /E-mail:info@kmsi.co.jp /URL:http://www.kmsi.co.jp/
〒108-0073 東京都港区三田3-11-34(センチュリー三田ビル)


プレスリリースPDF版

↩戻る